ホーム > 長野家畜保健衛生所 > CSFの情報について

ここから本文です。

更新日:2021年4月19日

長野家畜保健衛生所

豚熱(CSF)の情報について

平成30年(2018年)9月以降、わが国でCSFが発生しています。野生イノシシにおいてもCSF感染が確認され、その地域は拡大傾向にあり、いまだ収束の見通しはたっておりません。(野生いのししでCSF感染が確認された都府県、岐阜・愛知・三重・福井・長野・富山・石川・滋賀・埼玉・群馬・静岡・山梨・新潟・京都・神奈川・茨城・東京・福島・奈良・大阪・和歌山・栃木・山形・兵庫1都2府21県、令和3年3月16日時点

豚及びいのししを飼養されている方は、引き続き、飼養衛生管理基準の遵守状況を再確認し、野生動物の侵入防止を図ってください。また、異常家畜の早期発見・通報にご協力ください。

  • 令和3年4月17日、栃木県那須塩原市の養豚農場で66、67例目の豚熱患畜が確認されました。
  • 令和2年2月5日、家畜伝染病予防法の一部が改正・施行され、豚コレラ、アフリカ豚コレラの名称が「豚熱(ぶたねつ)」、「アフリカ豚熱」に変更されました。
  • 令和元年9月19日、下伊那郡高森町の養豚農場で44例目のCSF疑似患畜が確認されました。
  • 令和元年9月14日、塩尻市の畜産試験場で42例目のCSF患畜が確認されました。
  • 令和元年7月13日、長野県内でも野生いのししのCSF陽性事例が確認されました。
  • 平成31年2月6日、上伊那郡宮田村の養豚農場でCSF疑似患畜が確認されました。
  • 平成30年9月9日、岐阜県の養豚農場でCSFが国内で26年ぶりに発生しました。

CSFに関する情報(農林水産省)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

CSFに関する情報(長野県)

特定家畜伝染病防疫指針(CSF、ASF)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県長野家畜保健衛生所 

長野県長野市安茂里米村1993

電話番号:026-226-0923

ファックス番号:026-227-2665

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?