ホーム > 浅川改良事務所 > 浅川第三排水機場の紹介

ここから本文です。

更新日:2018年6月19日

浅川改良事務所

浅川第三排水機場の紹介

浅川が流入する千曲川の堤防は、浅川の堤防より約7m高くなっています。

千曲川の水位上昇に伴い、浅川へ逆流が始まると、逆流防止のため設置されている浅川樋門(国土交通省所管)が閉鎖されます。

その際には、浅川の水が行き場を失い、浅川の堤防から水が溢れてしまいます。(これを、「内水氾濫」といいます。)

このような内水氾濫を防ぐには、浅川の水を排水ポンプにより、千曲川へ排水する必要があります。

 

排水機場の概念

 

長野県は、浅川の水を千曲川へ排水する能力を向上させるために、新たに「浅川第三排水機場」を整備しました。

浅川第三排水機場パース

 

浅川第三排水機場写真

 

浅川第三排水機場には、1秒間に14m3の水を排水できるポンプが設置されています。

平常時は、5つの樋門がすべて開放されており、浅川の水は千曲川へ流れます。

千曲川の水位上昇に伴い、浅川樋門が閉鎖した時に、排水機場の排水ポンプを稼働させ、導水路⇒排水ポンプ⇒吐出水槽⇒連絡函渠を通じて、浅川の水を千曲川に排水します。

浅川第三排水機場洪水時平面図

 

浅川第三排水機場位置図

お問い合わせ

所属課室:長野県浅川改良事務所 

長野県長野市大字南長野南県町686-1

電話番号:026-234-9548

ファックス番号:026-234-9562

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?