ホーム > 暮らし・環境 > 温暖化対策 > 省エネルギー > 次世代自動車の普及

ここから本文です。

更新日:2020年7月10日

次世代自動車の普及について

/ontai/kurashi/ondanka/shoene/images/a_blt007.gif次世代自動車とは・・・

電気自動車、ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車、クリーンディーゼル車等の環境負荷の低い自動車です。詳しくはこちら

 /ontai/kurashi/ondanka/shoene/images/a_blt007.gif次世代自動車の購入補助

次世代自動車の購入にあたっては、各種制度によって補助を受けることができます。

/ontai/kurashi/ondanka/shoene/images/a_blt007.gif充電インフラの整備補助

電気自動車、プラグインハイブリッド自動車の充電設備整備にあたっては、各種制度によって補助を受けることができます。

 

県の取組

/ontai/kurashi/ondanka/shoene/images/a_blt007.gif県公用車へのEV導入と活用

令和2年度の導入予定

長野県では、2050年ゼロカーボンに向けた率先的な取組の一つとして、令和2年度から公用車にEVを導入します。

導入先は、以下の通り予定しており、導入にかかる公告を令和2年3月5日(木)から開始しています。

公告についてはこちら

  • 上田地域振興局 1台
  • 佐久地域振興局 1台
  • 松本保健福祉事務所 1台

活用方針について

EV公用車導入後は、単に使用時にCOを排出しないモビリティとして活用するだけでなく、移動可能な蓄電池としての機能を活用するため、災害時の地域への派遣など、外部給電器と組み合わせた活用の方向性について検討していきます。

また、これらを通じて、寒冷地や山間部といった長野県の地域特性に応じたEVの導入・使用方法について検証していきます。

/ontai/kurashi/ondanka/shoene/images/a_blt007.gif「長野県次世代自動車インフラ整備ビジョン」

長野県では、「長野県次世代自動車インフラ整備ビジョン」を策定し、環境負荷の少ない電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車(EV・PHV・FCV)などの次世代自動車の普及を促進しています。

長野県次世代自動車インフラ整備ビジョン(PDF:1,082KB)

上記ビジョン中、EV・PHVに関して、充電インフラの未整備地域や多くの利用が見込まれる施設への整備をより一層促進するため、重点的に整備を進めるべき箇所をとりまとめました。

 次世代自動車充電インフラに係る重点的に整備を進めるべき箇所について(PDF:1,134KB)

/ontai/kurashi/ondanka/shoene/images/a_blt007.gif長野県温暖化対策次世代自動車推進協議会

長野県における次世代自動車の普及に係る課題及び方策等について協議し、その普及の推進を図ることにより、地球温暖化防止に寄与することを目的に、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド自動車(PHV)など、次世代自動車の普及推進を図るための協議会を設立しました。

規約(PDF:12KB)

会員(PDF:29KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部ゼロカーボン推進室

電話番号:026-235-7022

ファックス:026-235-7491

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?