ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉一般 > 福祉・介護人材 > 福祉・介護人材の養成・研修について > 認知症介護実践者等養成研修 > 認知症介護基礎研修について

ここから本文です。

更新日:2023年11月21日

認知症介護基礎研修について

令和3年度介護報酬改定について(認知症介護基礎研修に関わる部分)

対象サービス

全サービス(無資格者がいない訪問系サービス(訪問入浴介護を除く)、福祉用具貸与、居宅介護支援を除く。)

内容(「令和3年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.3)(PDF:715KB)」も併せてご確認ください。)

認知症についての理解の下、本人主体の介護を行い、認知症の人の尊厳の保障を実現していく観点から、介護に関わる全ての者の認知症対応力を向上させていくため、介護サービス事業者に、介護に直接携わる職員のうち、医療・福祉関係の資格を有さない者(※)について、認知症介護基礎研修を受講させるために必要な措置を講じることを義務づける。

※医療・福祉関係の資格を有さない者

看護師、准看護師、介護福祉士、介護支援専門員、実務者研修修了者、介護職員初任者研修修了者、生活援助従事者研修修了者、介護職員基礎研修課程又は訪問介護員養成研修一級課程・二級課程修了者、社会福祉士、医師、歯科医師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、精神保健福祉士、管理栄養士、栄養士、あん摩マッサージ師、はり師、きゅう師等の資格を有さない者

経過措置期間

3年の経過措置期間があるため、令和5年度末までに措置を講じなければならない。なお、経過措置期間終了後(令和6年度以降)の新入職員の受講は1年の猶予期間がある。

長野県における認知症介護基礎研修について

実施方法

eラーニングにより研修を実施します。

eラーニング

研修実施団体

社会福祉法人東北福祉会認知症介護研究・研修仙台センター

カリキュラム

科目 時間数
認知症の人の理解と対応の基本

自学習(eラーニング)150分程度
(講義動画視聴150分+テスト所要時間)

※当研修のeラーニングは、動画等を見ながら自学習を行うものです。研修日時の指定はなく、好きな時間に受講できます。
 また、学習者の都合に合わせ、何回かに分けて受講することができます。

学習内容は序章を含め5つのチャプター(章)に分かれており、講義動画と確認テストから成っています。
受講の際には、まずその章の講義動画を視聴し、その後確認テストに進みます。確認テストでは、講義動画内で示した内容に関する○×式の問題が5問出題され、全問正解すると、次の章に進めます。

研修受講料

3,000円(eラーニング教材費を含みます。)

受講手続きの流れ

受講にあたっては、【1】事業所代表者による事業所の登録、【2】受講者の登録、【3】受講料の支払いの3つの手順が必要です。
詳しくは、認知症介護基礎研修eラーニング案内サイト(別ウィンドウで外部サイトが開きます)または、認知症介護基礎研修eラーニング操作マニュアル(受講者用)(PDF:3,919KB)をご確認ください。

認知症基礎研修案内

操作マニュアル・キャンセルポリシー

認知症介護基礎研修eラーニング操作マニュアル(受講者用)(PDF:3,919KB)

認知症介護基礎研修eラーニングシステムキャンセルポリシー改正通知(PDF:978KB)

システムに関する問い合わせ先

認知症介護基礎研修eラーニングシステムの問い合わせフォーム(別ウィンドウで外部サイトが開きます)よりお問い合わせください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部介護支援課

電話番号:026-235-7129

ファックス:026-235-7172

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?