ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 脳脊髄液減少症について

ここから本文です。

更新日:2020年6月5日

脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症とは

「脳脊髄液減少症」は交通事故やスポーツ外傷等、身体に強い衝撃を受けたことが原因で、脳や脊髄を覆っている膜が損傷を受け、脳脊髄液が漏れることにより、頭痛、めまい、吐き気など様々な障がいを引き起こす疾患と言われております。本疾患は、いまだ診断・治療の基準が確立していないこともあり、症状が疑われる患者さんの多くが診療を行っている医療機関を探すことに大変苦労している状況にあります。

ブラッドパッチ療法(硬膜外自家血注入療法)の保険適用について

平成28年4月から、脳脊髄液減少症について、関係学会の定めた診断基準において、確実又は確定と診断されたものに対し、「硬膜外自家血注入法(ブラットパッチ療法)」が保険適用となりました。

診療報酬に関する告示、通知等は次の厚生労働省ホームページをご確認ください。

令和2年度診療報酬改定について(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

脳脊髄液減少症の診療が可能な医療機関について

長野県では、「脳脊髄液減少症」及び有効な治療法の一つといわれている「ブラッドパッチ療法(硬膜外自家血注入療法)」の診療可能な病院は長野県広域災害・救急医療情報システム(医療情報ネット)にて検索できます。 

以下のリンクから医療情報ネットのページに移っていただき、

 

トップページ >> いろいろな条件で探す >> (2)医療機関の特長から探す >> 疾病・治療 >> 神経・脳血管領域 >>「脳脊髄液減少症」 又は 「 

 

 

  

【お願い】

  1. 受診にあたっては、予約が必要な場合もありますので必ず事前に病院にお問合せください。
  2. ブラッドパッチ療法が保険適用で受診できるか必ず病院にお問い合わせください。
  3. 治療法については、担当医師とよくご相談ください。 

 

関連するページへのリンク

NPO法人脳脊髄液減少症患者・家族支援協会(外部サイト)

脳脊髄液減少症患者支援の会・子ども支援チーム(外部サイト)

CSFロゴ(外部サイト)

(CSFJAPAN脳脊髄液減少症ホームページ)

お問い合わせ

健康福祉部医療政策課

電話番号:026-235-7145

ファックス:026-223-7106

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?