ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和4年(2022年)9月プレスリリース資料 > クリーンレイク諏訪において消化ガス発電事業を開始します

ここから本文です。

更新日:2022年9月26日

クリーンレイク諏訪において消化ガス発電事業を開始します

長野県(環境部)プレスリリース令和4年(2022年)9月26日

下水の処理過程で発生する消化ガス※を有効利用する取組として、クリーンレイク諏訪で消化ガスを燃料とした発電事業を開始します。下水道事業における民設民営による消化ガス発電事業は県内初の事例となります。

事業開始に際して、発電開始式を行います。

※消化槽で汚泥を分解・減容化する際に発生する、メタン等を主成分とするバイオガス

1 事業概要

県は事業者に消化ガスを売却し、事業者は発電設備の設置及び発電・売電(FIT制度)を行います。

(1) 事業者

 月島機械株式会社・ヤンマーエネルギーシステム株式会社・TC月島エネルギーソリューション合同会社

 諏訪湖流域下水道豊田終末処理場消化ガス発電事業共同企業体

(2) 実施場所

 クリーンレイク諏訪(諏訪湖流域下水道豊田終末処理場 諏訪市大字豊田字湖畔1866-1)

(3) 事業期間

 2022年10月1日~2042年9月30日(20年間)

(4) 消化ガス売却益

 約2,500万円/年(収益は、当処理場の維持管理費に充てます。)

(5) 発電量

 約200万kWh/年(一般家庭約560世帯分)

(6) その他

 発電に伴い発生する排熱は処理場消化槽の加温熱源として有効利用します。

2 発電開始式

(1) 日時

 令和4年10月1日(土) 午前10時~午前10時30分

(2) 場所

 クリーンレイク諏訪

(3) 主催

 諏訪湖流域下水道事務所及び事業者

(4) 次第

 主催者あいさつ、設備概要説明、来賓祝辞、来賓紹介、設備起動、設備見学

 ※取材を希望される方は令和4年9月30日(金)17時までに諏訪流域下水道事務所担当者へお申し込みください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:諏訪湖流域下水道事務所

担当者名:(所長)傳田克己(担当)平澤晴人、横水健一

電話番号:0266-58-2955

ファックス番号:0266-58-2958

所属課室:環境部生活排水課

担当者名:(課長)小林宏明(担当)花岡拓尚

電話番号:026-235-7321

ファックス番号:026-235-7399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?