ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 農政部長メッセージ

ここから本文です。

更新日:2020年6月9日

”次代へつなぐ、笑顔あふれる信州の食と農業・農村”を目指して

農政部長 伊藤洋人

R2農政部長

豚熱(CSF)、令和元年東日本台風災害の発生、全国的な新型コロナウイルスの感染拡大と昨年から本年にかけて農業、そして日々の暮らしにおいても厳しい局面が続いています。
 農政部では、これら、急を要する危機管理事象への迅速な対応を最優先にしつつ、令和4年度を目標とする5か年計画「第3期長野県食と農業・農村振興計画」に沿って、農業者の皆様が、安心して農業に取り組めるよう、また、農村での心豊かな暮らしが営まれるよう、本年度から地域振興局に新たに設置した農業農村支援センターをはじめとし、農業大学校、病害虫防除所、試験場、家畜保健衛生所、農政部の職員が心を一つにして、以下の施策に重点を置いて取組を進めてまいります。

 

1 危機管理事象への迅速な対応

  • 令和元年東日本台風災害の被害の早期復旧・復興及び、被災農業者の皆様への支援事業活用支援、代替作物の作付などについての技術支援
  • 新型コロナウイルスの感染拡大による業務・外食需要の減少等により影響を受けている農畜水産物の需要喚起、農業者の経営支援、雇用労働力の確保支援
  • 豚熱(CSF)及びアフリカ豚熱(ASF)を養豚農場に侵入させないための、養豚農場の衛生管理レベル向上対策、野生イノシシ対策の徹底

 

2 「産業としての農業の振興」に向けた対応

  • AI・ICT等を活用したスマート農業の導入加速、農地の大区画などの基盤整備の推進
  • 若い世代、中高年者など多様な担い手の確保・育成対策の推進
  • 農福連携の推進や、高齢者・子育て世代など多様な雇用人材の確保促進
  • 県産農畜産物のブランド化の推進、有機農業の取組拡大支援と輸出拡大

 

3 「農と食との結び付きの強化」に向けた対応

  • 「おいしい信州ふーど」の取組強化による信州産食材の魅力発信・需要喚起
  • 直売所の機能強化や県内宿泊施設への物流の仕組みづくりによる地消地産の推進

 

4 「暮らしの場としての農村の活性化」に向けた対応

  • 定年帰農、農ある暮らしを志向する方など、多様な人材を農村に呼び込む取組の推進
  • 安全・安心な暮らしを支える、ため池などの農業用施設等の防災減災対策の推進

 

お問い合わせ

農政部農業政策課

電話番号:026-235-7211

ファックス:026-235-7393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)