ホーム > 知的財産管理部 > 育成者権

ここから本文です。

更新日:2019年11月18日

農業試験場

育成者権

品種登録制度の概要

農業の発展には、単収が高い、病気に罹りにくい、美味しいなどの特性を有する新品種の育成がかかせません。一方、新品種の育成には、一般的に、多大な資金・労力・長い研究期間が必要です。品種登録制度は、このように苦労して新品種を育成した者に、知的財産権の一つである育成者権を付与することで、新品種の育成を振興する制度です。

育成者権による保護

育成者権は、種苗法に基づき、新品種の育成者が、農林水産大臣に品種登録を出願し、品種登録されると付与されます。原則として、育成者権を有する者及びその者から利用の許諾を受けた者以外は、その登録品種を無断で利用してはいけないことになります。

長野県が育成者権を有する品種については、利用を広く許諾しているもののほか、他県に先駆けて県内産地を早期に育成するため、利用を県内に限定している品種があります。

 

品種育成から品種登録までの流れ

長野県が育成した品種

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:長野県農業試験場 

長野県 須坂市大字小河原492

電話番号:026-246-2411

ファックス番号:026-251-2357

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?