ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > 水大気環境課紹介 > 長野県職員(任期付研究員)の募集について(令和6年4月採用)

ここから本文です。

更新日:2023年11月24日

長野県職員(任期付研究員)採用選考受験案内(令和6年4月採用)
(諏訪湖環境研究センター(仮称)において研究業務に従事する職員)

 受付期間:令和5年11月24日~令和5年12月22日*郵送の場合、12月22日消印のものまでを有効とします。
 選考日:令和6年1月17日(予定)

1 勤務予定機関、職務内容、採用予定人員

勤務予定機関 職務内容

採用予定
人員

諏訪湖環境研究
センター(仮称※)

※令和6年4月
長野県岡谷市に
開設予定

諏訪湖及びその集水域における生物多様性・生態系の監視・評価・保全及び再生に関する研究業務
<具体的な職務>
 ・現地観測、遠隔観測、地理情報、環境DNA技術等を用いた生物分布の監視・評価
 ・プランクトンを含む湖沼とその流域の物質生産・物質循環の解明
 ・生物多様性・生態系機能を含む水環境の変化を駆動する要因の解明
 ・生態系の保全と持続的利用を両立する流域の土地利用デザインの検討

3名

 

2 応募資格

(1) 年齢
  昭和39年4月2日以降に生まれた人
(2) 次の全ての要件に該当する人
  ア 採用時に博士の学位を有すること(令和6年3月31日までの取得見込を含む)。
  イ 生態学、陸水学、水産資源学、自然地理学など生物多様性・生態系に関連する分野における教育・研究機関での研究実績を
      有すること。
  ウ 生物多様性・生態系の保全や水環境の保全管理に関する国内外の動向を理解し、生態系の保全管理の研究を通じて地域社会
      に貢献する意欲を有すること。
  エ 湖沼とその集水域の保全管理に向けて、水質をはじめ異なる分野の研究者と共同研究を展開する意欲を有すること。水域保
      全に関する政策や社会的動向に高い関心を持つとともに、これら国内外の政策に貢献する意欲を有すること。
  オ 日本語及び英語によるコミュニケーション能力を有し、国際的視野からの情報を収集し発信する能力を有すること。
(3) 次のいずれかに該当する人は応募できません
  ア 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条に規定する欠格条項に該当する人(以下はその内容です。)
  ・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
  ・長野県の職員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない人
  ・日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の
   団体を結成し、又はこれに加入した人
  イ 平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている人(心神耗弱を原因とするもの以外)
  ウ 現在長野県職員(任期付職員、臨時的任用職員及び会計年度任用職員を除く。)である人
  エ 地方公共団体の一般職の任期付研究員の採用等に関する法律(平成12年法律第51号)第3条第1項第2号の規定により、かつて
      長野県で任期付研究員として採用されたことがある人

3 選考方法及び内容

(1) 選考方法及び内容

方法 内容
研究業績考査 次の書類についての審査
 ア 研究業績等概要書
 イ 著書・論文等一覧
 ウ 主要著書・論文(1編)の全文及び要約
口述考査

個別面接による考査
「これまでの研究の紹介と今後長野県で取り組みたい研究課題」

資格調査 受験資格の有無及び申込書記載事項の真否についての調査


(2) 合格者の決定
  各考査等の結果に基づく総合評定により、合格者を決定します。なお、総合評定が同点の場合は、口述考査の成績優秀者を
 優先します。

4 口述考査日及び場所

(1) 考査日  令和6年1月17日(予定)
(2) 考査場所 長野県庁(長野市大字南長野字幅下692-2)
  ※ 詳細については、申込受理後、別途通知します。

5 申込手続

(1) 申込書類
  ア 長野県任期付研究員採用選考申込書 (様式1) 1部
  イ 研究業績等概要書 (様式2) 1部
  ウ 著書・論文等一覧 (様式3) 1部
  エ 著書と論文のうちから、主要なもの1編について全文の写し及びその要約(1,000字以内) 3部(コピー可)
  オ 博士の学位証明書の写し又は博士課程(博士後期課程)に在籍することを証明する書類 1部
  ※ 記入方法は、別添「申込書類の記入方法」を参照してください。
  ※ 様式は当ページ下部からダウンロードできます。

(2) 申込方法
 令和5年11月24日から12月22日までの間に、次のいずれかの方法により申込書類を提出してください。

  ア 郵送による場合
     封筒の表に「任期付研究員採用選考申込書類在中」と朱書きして、簡易書留等確実な方法により下記提出先あてに郵送して
 ください。令和5年12月22日消印のものまでを有効とします。

  イ 持参する場合
  下記提出先(長野県庁本館6階)へ持参してください。受付時間は平日の午前8時30分から午後5時までです。

(3) 提出先
 郵便番号380-8570 (長野県庁専用郵便番号のため住所の記載は不要)
 長野県環境部水大気環境課 (採用担当) (長野県庁本館6階)

6 合否発表

 口述考査終了後、令和6年1月下旬までに受験者全員に文書で通知します。
  ※ 合格発表後、辞退等が発生し採用予定者数を確保できない場合は、不合格者の中から成績上位順に追加合格とする場合があ
     ります。

7 勤務条件等

(1) 採用日
 令和6年4月1日

(2) 任期
 採用の日から3年間
  ※ 業務の状況、勤務成績等により、本人の同意を得て、採用の日から最長5年間まで更新する場合があります。

(3) 給与
 任期付研究員の採用等に関する条例(平成14年条例第41号)の規定により決定します。
 経歴に応じて33万円~40万円程度です。
 ※ 一般職の職員の給与に関する条例(昭和27年条例第6号)に規定する昇給制度は適用されず、昇給はありません。
 ※ 上記の金額は令和5年11月時点のものであり、改定となる場合があります。

(4) 手当
 地域手当、通勤手当、期末手当などが支給されます。
 ※ 扶養手当、住居手当、勤勉手当などは支給されません。

(5) 勤務時間等
 原則として、勤務時間は午前8時30分から午後5時15分まで(休憩1時間を含む。)の7時間45分、休日は土日祝日です。

(6) 休暇・休業
 年次休暇(年間20日。採用年は15日。)、特別休暇(夏季休暇等)、療養休暇等の制度があります。

(7) その他
 常勤の一般職の地方公務員であり、守秘義務や営利企業等の従事制限などの、地方公務員の服務に関する規定が適用されます。

8 その他

(1) 合格発表後、必要な資格・免許、職務経験年数及び学歴を欠いていることが明らかになった場合は、合格が取り消されます。
(2) 令和6年3月31日までに博士の学位を取得できなかった場合は、採用されません。
(3) この選考に際して収集する個人情報は、この選考及び採用のために必要な範囲でのみ利用します。
(4) 申込書類は返却しません。また、応募・受験に要する経費は本人の負担となります。
(5) このページには主要な事項を掲載していますので、申し込みにあたっての詳細等は、下記「受験案内」をご覧ください。

様式等

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部水大気環境課

電話番号:026-235-7176

ファックス:026-235-7366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?