ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 第12回科学の甲子園全国大会に屋代高等学校の出場が決定しました

ここから本文です。

更新日:2022年11月16日

 

第12回科学の甲子園全国大会に屋代高等学校の出場が決定しました

長野県(教育委員会)プレスリリース 令和4年(2022年)11月16日

高校生等が理科・数学・情報の知識及び技能を競い合う、第12回信州サイエンステクノロジーコンテスト(科学の甲子園・長野県予選)において、屋代高等学校Aチームが優勝しました。同校は令和5年3月に行われる予定の「科学の甲子園全国大会」に長野県代表として出場します。

 

第12回信州サイエンステクノロジーコンテスト

主 催 信州サイエンスキャンプ事業推進委員会(長野県教育委員会事務局学びの改革支援課内に事務局)
期 日 令和4年11月13日(日)
会 場 長野県総合教育センター
出場チーム 9校18チーム117名がエントリー。1チームの人数は6人程度。
競 技 競技は筆記と実技からなるチーム対抗戦。
    筆記は理科(物理・化学・生物・地学)、数学、情報に関する問題を解答した。
    実技は「ゆっくり、正確に着地するパラシュート」を製作する課題に取り組んだ。

第12回信州サイエンステクノロジーコンテスト結果

〔総 合〕  優勝:屋代高等学校A 準優勝:飯田高等学校B 第3位:松本深志高等学校β
〔部門別〕  物理筆記1位:松本秀峰中等教育学校A   化学筆記1位:諏訪清陵高等学校
       生物筆記1位:松本深志高等学校β    地学筆記1位:松本秀峰中等教育学校A
       数学筆記1位:屋代高等学校B       情報筆記1位:屋代高等学校B
       筆記競技1位:屋代高等学校B               実技競技1位:飯田高等学校B

第12回科学の甲子園全国大会

各都道府県大会を勝ち抜いた、高等学校等(中等教育学校、高等専門学校を含む)の生徒による
チームが集い、理科・数学・情報における複数分野の競技を行います。


主 催 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
期 日 令和5年3月17日(金)~20日(月)
会 場 つくば国際会議場及びつくばカピオ(茨城県つくば市)
出場チーム
  ・各都道府県大会を勝ち抜いた都道府県代表1チーム。
  ・出場チームの人数は6人以上8人以内(高校1,2学年の生徒で構成)とする。
競 技
 ・競技は筆記と実技からなる。
 ・筆記は理科、数学、情報の中から、習得した知識をもとにその活用について問う問題で競う。
 ・実技は理科、数学、情報に関わる実験、実習、考察等、及び科学技術を総合的に活用して、
  ものづくりの能力、コミュニケーション能力等により課題を解決する力を競う。 
 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

担当者名:(課長)曽根原 好彦(担当)奥原 靖彦

電話番号:026-235-7435

ファックス番号:026-235-7495

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?