ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和4年(2022年)9月プレスリリース資料 > 交通死亡事故多発警報を発令しました~交通事故死者が前年と比べ+10人と激増しています~

ここから本文です。

更新日:2022年9月6日

交通死亡事故多発警報を発令しました~交通事故死者が前年と比べ+10人と激増しています~

長野県(県民文化部)プレスリリース令和4年(2022年)9月5日

 長野県交通安全運動推進本部は、交通事故死者が前年と比較して10人増と激増していることから交通死亡事故多発警報を発令しました。

1 発令の趣旨

 本年に入り、県内では36件の交通死亡事故が発生しています。特に8月以降は集中的に発生しており、その結果、交通事故死者が前年と比べ+10人と激増する極めて憂慮すべき状況になっています(9月5日現在)。

 交通死亡事故に歯止めをかけ、尊い命を交通事故の被害から守り、交通の安全を確保するため、長野県内に交通死亡事故多発警報を発令します。

 秋の行楽期に向けて、人や車の動きが活発化し、更なる交通死亡事故の多発が予想されるため、県民に向けた広報啓発活動等を一層強化して交通安全の呼びかけを行い、悲惨な交通死亡事故の抑止に全力で取り組みます。

2 期 間

 令和4年9月6日(火曜日)から9月15日(木曜日)までの10日間

3 広報啓発(県民への呼び掛け)内容

「夜間」、「高齢者」の死亡事故が増加しています(別紙参照)

高齢者の皆さん

  • 運転時、一時停止交差点等では「止まる・見る・確認する」、歩行・横断時では「止まる・見る・目立つ」を徹底しましょう。

夜間に車を運転する皆さん

  • 夜間の運転時、先行車や対向車がいないときはハイビームを活用しましょう。
  • 車の運転に集中し、歩行者の有無等しっかり安全確認しましょう。

夜間に道路を通行する皆さん

  • 歩行中は、夜光反射材やLEDライトを活用しましょう。
  • 道路を渡るときは横断歩道を利用し、手を挙げるなどのハンドサインで、ドライバーに横断する意思を伝え、車が止まったのを確認してから横断しましょう。

車に乗るときのルールの徹底

  • シートベルト、チャイルドシートは「命綱」です。全席着用を。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県民文化部くらし安全・消費生活課

担当者名:(課長)笠原 隆通 (担当)島田 博隆

電話番号:026-235-7174

ファックス番号:026-235-7374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?