ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和2年(2020年)6月プレスリリース資料 > 7月は多文化共生推進月間です

ここから本文です。

更新日:2020年6月26日

7月は多文化共生推進月間です

長野県(県民文化部)プレスリリース令和2年(2020年)6月26日

県内に暮らす外国人は、令和元年12月末時点で37,533人となり、5年連続の増加となりました。地域に暮らす外国人が安心して働き、教育を受け、必要な医療を受けることができる社会を創造することは、活力ある持続可能な地域づくりに欠かすことのできない視点です。
日本人県民と外国人県民が地域を創るパートナーとして、共に学び、共に活躍できる多文化共生社会を目指すため、多文化共生について考えてみませんか?

「多文化共生」とは?

国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的違いを認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として共に生きていくこと
(総務省「多文化共生の推進に関する研究会(2006年3月)」の定義)

「多文化共生推進月間」とは?

長野県では、広く多文化共生意識の浸透を図るため、7月を「多文化共生推進月間」としています。「多文化共生推進月間」では重点的に広報啓発を行います。

広報啓発

ポスターによる広報

月間ポスター(R2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザイン:岡学園トータルデザインアカデミー

 

県庁1階ロビー展の実施

6月29日(月曜日)から7月3日(金曜日)まで

懸垂幕の掲示(県庁東庁舎)

7月1日(水曜日)から7月31日(金曜日)まで

「やさしい日本語」とは?

外国人の方にも伝わりやすい日本語のことです。
外国人の方が「易しく」理解することができ、伝える側も「優しい」気持ちを持って伝える「やさしい日本語」を使ってみましょう。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県民文化部多文化共生・パスポート室

担当者名:(室長)堀内明美 (担当)辰野聡

電話番号:026-235-7173

ファックス番号:026-232-1644

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?