ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和2年(2020年)5月プレスリリース資料 > 駐日中国大使館からマスクが寄贈されました

ここから本文です。

更新日:2020年5月25日

駐日中国大使館からマスクが寄贈されました

長野県(企画振興部)プレスリリース 令和2年(2020年)5月25日

 駐日中国大使館からマスク(2万枚)が寄贈されました。寄贈されたマスクは、県内の医療機関や社会福祉施設等に配布し、活用します。

1 寄贈内容

 寄贈日:令和2年5月21日(木曜日)

 内容:サージカルマスク 20,000枚

2 寄贈されたマスクの活用

 新型コロナウイルス感染症対策が必要な施設等へ配布します。

 mask052501mask052502

参考

「一衣帯水」「同舟共済」

 隣接した国と国が互いに力を合わせ、困難を乗り越える様子を表現する言葉

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画振興部国際交流課

担当者名:(課長)根橋 幸夫 (担当)白鳥 亘

電話番号:026-235-7188

ファックス番号:026-232-1644

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?