ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和4年(2022年)10月プレスリリース資料 > 家庭における食品ロスを減らすため、家庭(おうち)で実践!「残さず食べよう!30・10運動」街頭啓発を実施します(環境部資源循環推進課)

ここから本文です。

更新日:2022年10月24日

家庭における食品ロスを減らすため、家庭(おうち)で実践!「残さず食べよう!30・10運動」の街頭啓発を実施します

長野県(環境部)プレスリリース令和4年(2022年)10月24日

国が定める10月の食品ロス削減月間(10月30日は食品ロス削減の日)に合わせ、家庭における食品ロス削減を呼び掛けるため、次のとおり街頭啓発を実施します。

1 日時

令和4年10月27日(木)午前7時30分から午前8時15分まで

2 場所

JR長野駅 善光寺口駅前広場

3 参加者

県環境部資源循環推進課、長野地域振興局環境・廃棄物対策課、長野市環境部の職員

4 内容

啓発用マスクケース(マスク付き)を配布し、家庭での食べ残しを減らすため、家庭(おうち)で実践!「残さず食べよう!30・10運動」を呼び掛けます。

*JR長野駅での取材を希望する場合は、JR長野支社広報室の許可が必要ですので、直接JR長野支社広報室へ連絡願います。

 (電話 026-224-5304)

 

※同日に、上田市及び松本市においても街頭啓発を実施予定です。

 上田市及び松本市での街頭啓発の内容等については、下記連絡先へ直接お問い合わせ願います。

 

上田市:上田市生活環境部生活環境課 電話 0268-71-6428

    上田地域振興局環境課 電話 0268-25-7134

松本市:松本市環境エネルギー部環境・地域エネルギー課 電話 0263-34-3268

    松本地域振興局環境・廃棄物対策課 電話 0263-40-1956

 

「残さず食べよう!30・10運動」とは

宴会開始後、最初の30分間と最後の10分間は自分の席についてお料理を楽しみ、食べ残し(食品ロス)を減らそうという運動です。

近年、新型コロナウイルス感染症拡大により家庭で食事が増えたことから、家庭における食品ロス削減を呼び掛けるため、毎月30日は「冷蔵庫クリーンアップデー」、

毎月10日は「もったいないクッキングデー」として家庭(おうち)で実践!「残さず食べよう!30・10運動」を令和3年度から新たに展開しています。

 

 
 

 


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境部資源循環推進課

担当者名:(課長)滝沢朝行 (担当)勝野みらい

電話番号:026-235-7181

ファックス番号:026-235-7259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?