ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和4年(2022年)9月プレスリリース資料 > 公共工事にかかる設計単価の誤りについて

ここから本文です。

更新日:2022年9月8日

公共工事に係る設計単価の誤りについて

長野県(建設部)プレスリリース令和4年(2022年)9月8日

公共工事の予定価格の積算に使用している設計単価の一部(「異形棒鋼」「ねじ節鉄筋」)に誤りがありました。

関係の皆様にお詫び申し上げますとともに、再発防止に努めてまいります。

1 事案の概要

公共工事の予定価格の積算に使用している設計単価の一部が、単価改定の際の端数処理の誤りにより過少となっていた。
正しい単価で再計算した結果、一部工事の予定価格に誤りがあったが、落札者が変わることはなく、入札結果への影響はなかった。

・異形棒鋼18品目の設計単価(6月1日~26日適用)が200~700(円/t)の過少

・ねじ節鉄筋16品目の設計単価(6月1日~8月29日適用)が200(円/t)の過少
・誤った単価で積算していた県工事110件について、正しい単価で再計算した結果、予定価格に誤りがあった工事は7件で、最大で10,000円(税抜き)の過少だった。

2 原因

資材価格の高騰による単価改定により、設計単価の桁数が増えたため、有効桁数も見直すべきところ、修正しなかった。

 例:(異形棒鋼)改定前  :   94,700(円/t) →価格桁数5桁は有効桁3桁
         改定時 誤: 117,000(円/t)
             正: 117,200(円/t)→価格桁数6桁は有効桁4桁

3 再発防止策

単価改定の際は、従来の確認項目に加え、有効桁数についてチェックする。

4 その他

※設計単価とは:公共工事の予定価格を算出するため、材料の実勢価格を調査して公表されている物価資料(積算資料と建設物価)をベースとして、または自治体独自に価格調査して設定する単価のこと。

その他、設計単価については以下のページをご確認ください。

https://www.pref.nagano.lg.jp/gijukan/kensei/nyusatsu/sekisankijun/sekketanka.html

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:建設部建設政策課技術管理室

担当者名:(室長)坂口 一俊(班長)山口 剛(担当)黒岩 楠央

電話番号:026-235-7323

ファックス番号:026-235-7482

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?