ホーム > 防災・安全 > 災害情報 > 災害情報・お知らせ > 4月22日から続く長野県中部(長野・岐阜県境付近)の地震について

ここから本文です。

更新日:2020年5月28日

4月22日から続く長野県中部(長野・岐阜県境付近)の地震について

活動状況

5月19日13時13分頃、長野県中部で震度3の地震が発生しました。

13時30分現在で県内の被害に関する情報は入っていません。

 

4月22日から5月28日までの間で松本市安曇で震度1以上の地震が90回以上発生しており、今後も地震活動が継続するおそれがあります。今後も余震に十分注意してください。
また、震源に近い場所では、観測される震度より大きな揺れとなることがあります。引き続き地震活動に注意してください。

 

長野県中部(長野・岐阜県境)の地震活動による震度別回数(長野県内で震度1以上を観測した回数) 5月28日9時00分現在

 

震度1 震度2

震度3 

震度4

4月計

(9日間)

39 12 4 1 56

5月計

(18日間)

33 8 2 0 43

合計

(27日間)

72 20 6 1 99

 

 020528

※折れ線グラフはこれまでの地震の累計発生回数。棒グラフは日別の発生回数を表しています。

 

詳細は地震解説資料(長野地方気象台発表)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)をご覧ください。

 

(参考)過去の事例

  • この付近では1998年に地震活動が活発になり、50日間で有感地震が264回発生した事例があります。
  • このときは、8月7日から地震活動が活発になり、8月12日にM5.0の地震(最大震度5弱)、8月16日にM5.6(最大震度4)の地震などが発生し、その後も、活発な地震活動が続きました。

上高地への来訪を検討中の方へ

  • 現在、長野県では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、観光・宿泊施設及び入山について以下の協力依頼を行っています。
県民の方 5月31日までできる限り身近な地域に留まるよう「STAY信州」を呼び掛け
観光・宿泊施設 5月31日まで感染防止対策の徹底と特定警戒都道府県から人を呼び込まない運営について検討を依頼
山小屋 5月31日まで休業の検討を依頼
登山 入山の自粛を呼び掛け

 

  • 業務等で来訪される際は、落石等に十分ご注意ください。

焼岳の活動状況

焼岳山頂付近の地震活動は低調で、焼岳の火山活動に特段の変化は見られません(5月28日現在)

なお、火山の活動全般については、「長野県に関係する火山の活動状況」からご確認ください。

お問い合わせ

危機管理部危機管理防災課

電話番号:026-235-7184

ファックス:026-233-4332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?